急に家族全員のスケジュールが1日だけ揃い、「日帰りでどこかに行ける!」となったので前の日に慌ててネットで旅行先を探しました。
宮城県から移動なのですが、東京近辺では時間的な制約が大きく、遊ぶ時間が少なくなってしまいます。逆に北の方向に向かうと、一つ一つの名所が離れており、日帰りでは見ることのできる箇所が限られてしまいます。

 

 ということで、最終的に残ったのは「日光東照宮+那須ハイランドパーク」の組み合わせでした。中学、高校の子供たちは、乗り物に乗って遊びたい。親父は一度日光東照宮に行ってみたい。それぞれの希望がうまく合致した目的地です。

 日光東照宮に10時くらいに到着すると、既にだいぶ賑わっていました。拝観は8時からだそうです。平成第一期第三次修理ということで、陽明門や本殿の一部が改修中です。カバーがかけられて全体像を見ることができなかったのは残念ですが、1時間ほどでひととおり見て回ることができました。親父としてはもっといろいろ深く長い時間見たいのですが、他3人の家族にとっては1時間が限界です。後ろ髪をひかれる思いで、次の「日光おかき工房」へ移動です。

 

 あまり期待していなかったのですが、「日光おかき工房」はなかなか楽しい場所でした。試食という建前でほぼ全種類食べ放題です! お茶も飲み放題! 東照宮よりもずっと混んでいます。昼食を食べてから訪れたのが惜しまれましたが、せんべいを腹いっぱい食べてご満悦でした。「得したねぇ〜」と工房を後にしましたが、後から考えると、「あれもおいしい。これもおいしかった」と、大量のせんべいを購入しています。術中にはまるとはこのことです。
ちなみにせんべいの手焼きを体験できるコーナーもありましたが、3時間待ちということで早々にギブアップでした。

 

 最後はお待ちかねの那須ハイランドパークです。トワイライト料金という設定で、入場料+乗り放題で、通常の半額の2550円です。閉園2時間前からの料金だそうですが、我が家にはちょうど良い料金設定でした。まぁ待ち時間が少ない! 千葉の遊園地と比べるとファンタジーの要素は少ないのですが、乗り物に関しては、はるかにコストパフォーマンスが高いです。ジェットコースターを楽しみたいのであれば絶対にこちらをお勧めです。2時間でも家族一同大満足でした。でも次回は日光東照宮をカットされそうです。

 

 ありがたいことに、ここは17時閉園です。「もっと遊びたい!」と駄々をこねられても、閉園なら仕方がありません。「夜は花火で盛り上がろう!」という趣向も良いんですが、日帰りで翌日に仕事を抱える身としては本当に助かります。

 

 宮城着は20時過ぎです。遅めの夕食を近場で外食して、楽しい一日が終わりました。めでたしめでたし。